クラミジアの潜伏期間は?

クラミジアの感染者が増加

クラミジアとは性器クラミジア感染症という正式名称になっており、このクラミジアに感染しても症状があまり出ないため、クラミジア感染者の増加傾向の原因となっています。クラミジア感染者の増加傾向には若者の増加が目立っていると言われており、18歳くらいでは3人に1人、20代では20人に3人くらいの割合で感染しているようです。また、クラミジア感染者の増加傾向では、若い女性が特に多いと言われており、性的接触の低年齢化が原因とも言われているのです。それに独身者に多かったクラミジアですが、既婚者の感染も増加傾向にあると言われており、性風俗が増えてきた事による夫からの感染もあると言われています。こうした増加傾向にあるクラミジアは、男性は膿が出てくることや尿道炎になることがありますし、女性は尿道炎や子宮内膜炎になることもあるようです。その他には咽頭クラミジアという病気もあるので、注意が必要です。性器だけでなく、喉のクラジミアもあるのです。そして、クラミジアには潜伏患者がいるとも言われているもので、これからも増加していく一方かもしれません。感染拡大を防ぐためにも、しっかりと、クラミジアの検査を受けることが肝心なのです。最近では、自宅で検査できるキットも市販されています。感染拡大予防には、検査にて早期発見することが重要になってきます。